[ トップに戻る ] [ ワード検索 ] [ ガラ携対応 ] [ 管理 ]    

次回から説明省略(適用で反映)
表示モード

   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / ]


画像タイトル:img20120311191752.jpg -(132 KB)

ルイスツノヒョウタンクワガタ けいた [2012/03/11,19:17:52] No.5859 返信 (t)
3令後期の幼虫たち。


画像タイトル:img20120308005617.jpg -(119 KB)

ゲンゴロウモドキ産卵 けいた [2012/03/08,00:56:17] No.5858 返信 (t)
タダゲンモも卵確認しました。卵がだいぶ膨らんできてるのでシャープと同じ頃に産んでいたと思われます。
今日エゾゲンモにもセリを入れておきました。


画像タイトル:img20120228002704.jpg -(22 KB)

シャープゲンゴロウモドキ産卵 けいた [2012/02/28,00:27:04] No.5857 返信 (t)
画像はアズマの卵。
産卵はじまってました。

すでに最盛期並の勢いて
一晩でたくさん産んでました。


画像タイトル:img20120209233954.jpg -(137 KB)

結構寒い部屋だけど けいた [2012/02/09,23:39:54] No.5856 返信 (t)
無事羽化しました。


画像タイトル:img20120207020149.jpg -(82 KB)

マルコとモンジその2 けいた [2012/02/07,02:01:49] No.5855 返信 (t)
モンジは昨年初夏羽化分(上)と年末羽化分(下)。
昨年初夏羽化分は頭部や前胸背板がアメ色になってきてます。(老化色)
ここの色で個体の新旧が一目瞭然です。また夏季の高温にさらすと劣化して色が濃くなります。


年末羽化分の新しい個体もすでにいつでも産卵できる状態。
モンジは若い個体ほどコンスタントかつ大量に採卵しやすく、
古い個体になるほど気まぐれ&小出しになっていく気がします。



画像タイトル:img20120207015744.jpg -(80 KB)

マルコとモンジ けいた [2012/02/07,01:57:44] No.5854 返信 (t)
大型種の中では小型なマルコガタノゲンゴロウと
中型種の中では大型なンシュウオオイモンジシマを
並べて撮影してみました。


画像タイトル:img20111028021846.jpg -(35 KB)

ブラックシャドー稚エビ けいた [2011/10/28,02:18:46] No.5845 返信 (t)
孵化がはじまりました!


画像タイトル:img20111013191219.jpg -(157 KB)

シュリンプ けいた [2011/10/13,19:12:19] No.5841 返信 (t)
レッドビーシュリンプ♀とブラックシャドーたちです。


ようやくボチボチ [2011/09/28,23:26:53] No.5838 返信 (t)
先日、漸く、今年のマルコ第一号が羽化しました。
その後、一晩で4匹脱出して来た個体を加え、
更に、本日+1匹=計6匹が羽化しております。

120数匹もの幼虫が生まれたにも関わらず、
土中潜行まで至ったのは約2割ほど。
生存率は、低いと思われます。
今回は、いまだ、羽化不全は見あたりません。
ここ数日、新潟では気温が劇的に下降、
ベランダに出しておいた孵化用衣装ケース内に
浮かべてあった布袋葵からは、もはや、
孵化して来ないかと諦めていたところが、
本日、4匹もの1令を発見しました。
しかし、これから育てるとなると、丁度、
11月の頭に3泊の旅行を控えており、
その間に土中から脱出してくると、
餌の供給が間に合わず、★になってしまいそうで....。
加えて、未だ室温は、無加温で23℃〜28℃
もある室内も、そろそろ温度の低下が心配されますし、
潜っても、果たして出て来てくれるか、正直、不安です。
ちなみに、現在、潜行中11匹、3令1匹、
2令4匹、1令4匹、孵化まち不明といった所です。
>> 無題 名前: けいた [2011/10/01,09:43:48] No.5839
ボチボチ羽化してるようで安心しました。
これからも是非頑張ってください。

マルコの場合、他のゲンゴロウ属と比べますと(特にコガタノ)、低温時期に羽化させるのは比較的容易ですが、通常の時期と全く同じ(保温対策なし)ではやはり心配です。上陸後は暖かい場所に移動するなど少しでも配慮されることでもそれなりに効果あると思います。
>> その後 名前: [2011/10/17,15:08:41] No.5843
こんにちは。
その後、順調に羽化個体が増加して、一時期、
成虫の数は13匹にまで至りましたが、気を抜いていたら、
今年も「謎の突然死」が...orz 2日で3匹が☆になり、残り10匹。
潜行中は3匹、3令まもなく上陸が3匹、まだまだ1令という遅咲き(?)が2匹、
昨年組の生き残り4匹、一昨年組は10匹という状況です。
成虫たちは、そろそろ、気温の安定した室内から、屋外のベランダに移そうかと考えております。
一応、生まれた年ごとに管理していますが、生まれた幼虫の管理が粗雑なため、今年の新成虫は、何代目なのか判らなく成ってしまいました...。


画像タイトル:img20110926000410.jpg -(91 KB)

8年ぶり けいた [2011/09/26,00:04:10] No.5837 返信 (t)
繁殖のための里子としてお預かりしたリュウキュウオオイチモンジシマゲンゴロウ2♀(ワイルド)です。

本亜種は累代飼育をはじめてから8年間の間一度も血の入れ替えなしできましたのでまさに8年ぶりに対面するワイルド個体になります。

今までの産地とは別の産地で、色柄もだい違ってます。たぶんこれらの子供も・・・。

♂がいないので、種切れになる前に持ち腹のF0をできるだけ多くとってノーミスでそだてなくちゃいけません。


( ★不用品を一番高く→買取価格.com )         ( ★人気クラウド&口コミ活用でサクサク検討→マンション検討.com )
削除方法
◆管理人: 削除対象の左欄をチェック(複数指定可)、専用パスワードを下欄に入力し、「削除」を押す
◆投稿者: 投稿に用いたパソコンでアクセスし、自分の記事の左欄をチェック、そのまま「削除」を押す(パスワード不要!!)



   ページ指定:[ 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / ]

FREE imgboard R6.1v4c !!